• 「東村山駅」徒歩7
  • 042-393-2525

土日祝も診療 ネット予約・待ち状況

予防接種

予防接種について

予防接種

生後1か月頃から予防接種の計画を立て、接種時期が来たらすみやかに受けましょう。予防接種のご案内と予診票をご確認のうえ、ウェブサイトで予約をお取りください。予防接種のさいは母子手帳を必ずご持参ください。母子手帳をお忘れになると、これまでの接種履歴が確認できないため、接種できないことがあります。予防接種についてわからないことがございましたら、遠慮なくご相談ください。

標準的な予防接種のスケジュール

基本的なルール

  • 同時接種の本数に上限はありません。
  • 生ワクチン(MR/水痘/おたふく/BCG/ロタ)接種後4週間、不活化ワクチン(上記以外)接種後1週間は、ワクチンの種類にかかわらず予防接種はできません。
  • 同一種類のワクチンの接種間隔についてはそれぞれ個別に決まっています。

① 生後2か月

Hib①/肺炎球菌①/B型肝炎①/ロタリックス(任意接種)①

② 生後3か月(前回から4週間あける)

Hib②/肺炎球菌②/B型肝炎②/4種混合①/ロタリックス(任意接種)②

③ 生後4か月(前回から4週間あける)

Hib③/肺炎球菌③/4種混合②

④ 生後5か月(前回から3週間あける)

4種混合③→1週間あけてBCG(東村山市では集団接種)
あるいは
BCG→4週間あけて4種混合③

⑤ 生後7か月

B型肝炎③(B型肝炎①から20週あける)

⑥ 1歳

MR(麻しん風しん)①/水痘(水ぼうそう)①/おたふく(任意接種)①
Hib④/肺炎球菌④(Hib④はHib③から7か月あける)

⑦ 1歳半

4種混合④(4種混合③からおよそ1年後)/水痘②

⑧ 3歳

日本脳炎①②(1~4週間隔で2回)

⑨ 4歳

日本脳炎③

⑩ 5~6歳(年長)

MR(麻しん風しん)②/おたふく(任意接種)②

⑪ 9歳

日本脳炎④

⑫ 11歳

2種混合(DT=ジフテリア+破傷風)

⑬ 中学1年女子

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がんなどの予防)①②③
※現在、積極的勧奨は中断していますが、公費での定期接種は可能です。

定期接種

予防接種法で接種について努力義務が規定されたワクチンです。接種対象年齢であれば接種費用の自己負担はありません。 東村山市では、定期接種のうちBCG(結核の予防接種)は集団でおこない、それ以外は医療機関で個別におこないます。おもな定期接種のワクチンは以下のとおりです。

Hib(ヒブ)ワクチン

生後2か月から接種します。細菌性髄膜炎(ずいまくえん)や急性喉頭蓋炎(こうとうがいえん)などの重症感染症を予防します。

肺炎球菌ワクチン

生後2か月から接種します。細菌性髄膜炎や細菌性肺炎などの重症感染症を予防します。

B型肝炎ワクチン

生後2か月から接種します。B型肝炎を予防し、将来、肝硬変や肝臓がんを発症するリスクを減らします。

4種混合ワクチン

生後3か月から接種します。ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオの発症を予防します。百日咳は現在でも多くみられ、乳児が感染すると重症化することがあります。

BCGワクチン

通常、生後5か月以上8か月未満で1回接種します。結核感染を予防するワクチンですが、とくに乳幼児の結核性髄膜炎や粟粒(ぞくりゅう)結核などの重症結核の予防に効果を発揮します。

麻疹・風疹(MR)混合ワクチン

1歳になったら接種します。麻疹(はしか)は感染力が非常に強く、重症化のリスクが高いため、ワクチンによる予防が大切です。風疹ワクチンはお子さんの感染予防だけでなく、お母さんが次のお子さんを妊娠したときの先天性風疹症候群の予防にも重要です。

水痘ワクチン

1歳になったら接種します。水痘(水ぼうそう)も感染力が非常に強く、保育園や学校、家族内で感染することが多いです。

日本脳炎ワクチン

3歳から接種します。死亡率の高い病気ですが、国内での発症は少なくなりました。現在でも、周辺のアジア諸国にはたくさんの患者さんがいます。

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン

通常、中学1年生の間に3回接種します。おもに子宮頸がんの発症を予防するワクチンです。定期接種ですが、重大な副反応との因果関係が疑われたため、現在も積極的な接種の勧奨が差し控えられています。そのため、東村山市から個別のお知らせはありません。当院での接種を希望される方は事前にご相談ください。

任意接種

保護者の判断で接種するワクチンです。医療機関で個別に接種します。おもな任意接種のワクチンは以下のとおりです。接種費用は自己負担ですが、すべて接種することをおすすめします。

ロタウイルスワクチン

生後2か月から内服で接種します(注射ではありません)。ロタウイルスは冬から春にかけて流行するウイルス性胃腸炎の原因のひとつです。乳幼児が感染すると、激しい下痢や嘔吐による脱水のため重症化することがあります。

おたふくかぜワクチン

1歳になったら接種します。おたふくかぜ(=流行性耳下腺炎、ムンプス)には、ウイルス性髄膜炎や精巣炎・卵巣炎、膵炎、難聴などさまざまな合併症があります。

インフルエンザワクチン

生後6か月から接種できます。13歳未満は2回接種します。感染予防効果はおよそ50%程度ですが、発症しても重症化を予防する効果があります。

忘れがちな予防接種

① 日本脳炎2期(4回目)

9歳になったら接種できます。
13歳未満は公費で接種可能です。

② 第2期ジフテリア・破傷風

11歳になったら接種できます。
13歳未満は公費で接種可能です。
※打ち忘れている方は中学校入学前に①②をまとめて接種されることをおすすめします。

③ ヒトパピローマウイルス感染症

いわゆる子宮頸がんワクチンです。
中学生の間に3回接種しますが、高校1年生までは公費で接種可能です。副反応が疑われたため、市役所からの案内は中止されていますが、接種は可能です(市役所にお問い合わせください)。
外国ではふつうに接種されています。子宮頸がんは若い女性に多く、毎年1万人が罹患し、3,000人が亡くなっています。接種されることを強くおすすめします。

診療科目
小児科
住所
〒189-0003
東京都東村山市久米川町4-2-34
TEL
042-393-2525 ※この電話番号は患者さま専用です。セールスの電話はお断りいたします。取引業者の方は院長の携帯におかけください。
アクセス
  • 西武新宿線、西武園線、国分寺線
    「東村山駅」東口 徒歩7
  • 西武新宿線
    「久米川駅」北口 徒歩15
  • グリーンバス「本町三丁目」すぐ
  • 銀河鉄道バス「天王森保育園」徒歩3分
休診日:火曜・金曜(祝日の場合は診療します)
月曜10時半~12時半、水曜14時~16時、土曜10時半~12時半は予防接種・健診のみとさせていただきます
診療時間 日祝
8:30~12:30
14:00~18:00